スーパーウォール工法

後で後悔しない理想の住宅を考える!

高密度・高断熱・高耐震構造と室内環境を考えた計画換気システム、省エネルギー性能によって革新在来・スーパーウォール工法は家全体の快適さをつくりあげます。

sw1b.gif

家全体の断熱を考えています。

sw1_img03.gif

1,スーパーウォール工法住宅の断熱性能は・・・

 

■ウレタンとグラスウールの断熱性能の比較

●熱伝導の比較             単位W/(m・K) [kcal/(m・h・℃)]

sw1_img04.gif

熱伝導率とは熱の伝わりやすさを表すもので、数字が小さいほど断熱性能に優れていることを示します。

2,サッシの断熱性能は・・・

■サーマルII構造図

sw1_photo01.jpg

商品説明用に着色しております。

 実際の色はブラック色です。

表面温度の比較(サーモグラフィー)

赤い部分が多いほど、冷たい空気を遮断しています。
つまり室内に冷気、熱気をほとんど侵入させていません。

sw1_photo02.jpg

■サーマルII

熱貫流率3.49W/(m2・K)
[3.0kcal/(m・h・℃)]

引違い窓外付型は低放射複層ガラス使用

sw1_photo03.jpg

■一般アルミサッシ

熱貫流率6.51W/(m2・K)
[5.6kcal/(m・h・℃)]

熱貫流率とは、内外温度差1℃の場合、1時間1m2当たりで失われるエネルギーを表したものです。数値が小さいほど断熱性が高いことを示します。

[条件]室内温度:20℃(自然対流)
    室外温度:0℃(無風)

魔法瓶のように熱を逃がしにくい構造です。

sw2b.gif

家の隙間を徹底的に少なくします!

sw2_img03.gif

1,スーパーウォール工法住宅の気密性能は・・・

sw2_img04.gif
sw2_img05.gif

●次世代省エネルギー基準の相当隙間面積

次世代省エネルギー基準の相当隙間面積をクリアーしています!

sw2_img00.png

1棟1棟気密測定を実施!

sw2_img09.gif
sw2_photo01.jpg

建物の気密を確認するための気密測定を

実施し、結果をお客様に「性能報告書

でお知らせします。

sw2_photo02.jpg

気密測定は建て方完了及び、パネル取付完了時に行います。数値を確認して頂くためのもので、性能を保証するものではありません。

室内空間の上下温度差3℃以内が可能な構造です。

sw3b.gif

保温性が高いので、省エネルギーで冷暖房。

sw3_img03.gif

従来の木造住宅は

sw3_img04.gif

断熱気密が充分でないと

外気の影響を受けやすい。

SW工法住宅は

sw3_img05.gif

住宅の断熱・気密化で省エネルギー

■暖房停止後の温度変化(測定:千葉県)

sw3_img06.gif

このデータは上記の条件下での一例であり、住宅の仕様、生活スタイル、

測定条件によっては異なった値となる場合があります。

スーパーウォール工法は保温性が高いので、暖房を停止しても温度の低下はゆるやかです。

​冷暖房効率に優れ、家全体が快適空間です。

sw4b.gif

スーパーウォール工法住宅の24時間計画管理システム

sw4_img03.gif
sw4_photo01.jpg
sw000.png

健康で快適な室内環境!

sw5b.gif
sw5_img02.gif

結露を防いで丈夫で長持ち

一般的な在来工法住宅の場合

sw5_img03.gif

壁の中

sw5_photo01.gif

一般アルミサッシ

●室内の湿気が壁の中に入り、断熱性能が不十分だと壁の中が冷やされて結露が発生する。
●結露によって木材が腐朽し建物の寿命が縮まる。

SW工法住宅の場合

sw5_img04.gif

壁の中

sw5_photo02.gif

高性能サッシ サーマルII

●水分を吸収しにくくウレタンは湿気の侵入を防ぐ。
●万一侵入した湿気は通気層を流れる空気によって送り出される。
●断熱性に優れた高級サッシだから窓廻りの防露対策も万全。

sw6b.gif

壁倍率2.8倍と地震に強い!

sw6_img02.gif

■パネルの強度試験

sw6_photo01.jpg

■壁強度の比較

sw6_img03.gif

柱や筋交いに力が集中

sw6_img04.gif

壁面が一体となり力が分散